取引所での購入方法

「入手方法」の記事で触れましたが、仮想通貨を入手するためには
(1)販売所で購入する
(2)取引所で入手する
という二つの方法があるのでしたね。

(1)販売所で購入とは、直接お店から買う方法です。
確実にすぐに売買できますが、手数料が高いです。
「簡単売買」などと呼ばれている方法がこれです。

一方、(2)取引所で入手というのは、ユーザー間で売買する方法です。
板情報を見ながら、株やFXのように取引します。
手数料が安いので、慣れたら多くの人はこちらで取引をします。

 

順にみていきましょう!

 

(1)販売所で購入するやり方を紹介

 

販売所では、

@クレジットカードで買うか
A事前に入金した日本円で買うか

選べます。

 

 

コインチェックを例に解説します。

 

まず「ウォレット」をクリックします。

 

すると、左側にこのようなメニューが出てきます。

 

 


「クレジットカードで買う」を選べば、直接買えます。

 

 

もし日本円で買う場合は「コインを買う」から購入できます。

 

 

ただし、事前に日本円の入金が必要です。
入金は、銀行振込かATM支払いなどが選べます。

 

私はゆうちょダイレクトを利用してペイジーで入金しています。

 

 

日本円はいざというときの売買の際にすぐに役に立つので、
許容範囲内でまとまったお金を入金しておくといいでしょう。

 

入金しただけでは円のままで価値は減らないので安心です。

 

私も常に日本円で一部持っていて、思わぬ相場変動などでお買い得価格になった時にすぐに買えるように備えています。
(先日のモナコイン大高騰のときに役に立ちました。)

 

 

ちなみに、他の取引所でもほぼシステムは同じです。

 

・ビットフライヤーの画面

・ザイフの画面

 

@クレジットカードで買う場合は、すぐに買えます。
A日本円で買う場合は、まずはアカウントに入金する必要があります。

 

 

 

(2)取引所で購入するやり方

 

(※例にしているコインチェックでは、スマホからではできません。)
(※ザイフならできますので、私は外出先ではザイフを使っています。)
(※もしくは外部アプリを使えばコインチェックなどでも取引ができます。)

 

 

取引所で購入する場合は、「取引所」を選びます。

 

するとこのようなページになります。

 

 

 

株やFXの経験がある方は分かると思いますが、右側にある板情報を見ながら、ユーザー同士で売買する方法です。
慣れない場合は(1)の方法で購入してください。

 

ですがこの画面は実は簡易版で、本来はトレードビューという実践的な画面が正式なものとなります。
コインチェックのトレードビューです。

 

 

ザイフはこんな感じです。

 

 

簡単に言うと、
「指値(さしね)注文」というのが、具体的に金額を入力して「この金額なら買う(売る)。」という注文で、
「成行(なりゆき)注文」というのが、「今現段階の相場ですぐに買う(売る)。」という注文です。

 

販売所で売買するよりも取引所で売買した方が手数料がお得なので、慣れてきたら多くの人が取引所を利用します。

 

 

ここは入門記事なので、とりあえず買い方の紹介をしました。

 

詳しい取引所の使い方はこちらで解説しています。(工事中)

 

購入が完了すると、数字に反映されます。

 

 

 

購入方法の解説は以上です!!!

 

取引所が変わってもシステムは同じなので、まずはどこか一つで買ってみて慣れてみましょう。
扱っている通貨は取引所で異なるので、私は「モナコインはザイフ」「ビットコインはコインチェック」などと使い分けています。

 

※スマホアプリ版と、WEB版では機能が違います。詳しくはウォレットのところで解説します。

 

 

次は、管理方法について解説します。

 

せっかくコインを買っても、管理がずさんでは全く意味がありません!
最も重要な項目ですので、見ていきましょう。

 

>>E仮想通貨を管理する方法を読む

ココナラ会員登録はこちら

出品者新規登録はこちら



購入者新規登録はこちら



人工知能による自動売買FXツールはこちら