E仮想通貨を管理する方法

@〜Dまでお読みいただき、仮想通貨が購入できるようになったと思います。

 

ここからが重要です!!

 

いま、取引所で入手した仮想通貨というのは、取引所に置きっぱなしの状態です。

 

世界中の泥棒にとって、格好の餌食ですから、必ずウォレットと呼ばれる電子財布に保管しましょう。

もくじ
ウォレットとは
ウォレットの種類
送金方法

ウォレットとは

 

ウォレットとは、仮想通貨を保管しておくための電子財布です。

 

仮想通貨を出し入れすることができます。買い物の支払いや、他の誰かからお金を受け取るときに使います。

 

ウォレットには種類があるので、見ていきましょう。

 

ウォレットの種類

@ソフトウェアウォレット
オススメ度★☆☆☆☆

 

自分のパソコンにインストールして使用します。初心者向けではないし、ハッキングされたらおしまいなのでオススメではありません。

 

Aハードウェアウォレット
オススメ度★★★☆☆

 

USBなどで外部入力するウォレットです。オフラインで使用すればハッキングなどの心配はありませんが、数万円する高価なものです。
故障する可能性もゼロではないです。
頻繁に送受金するときなどはやや面倒です。
中期的に保管するときは良いでしょう。

 

Bペーパーウォレット
オススメ度★★☆☆☆

 

アナログですが、その分ハッキングの心配もないし、故障もしないので強度は最強です。
紙自体を盗まれたり、汚して読めなくしてしまったりしない限り、長期に保存できる最強のウォレットです。
ですが、頻繁に送受金したい場合は非常に不便です。
10年くらい忘れておこう!というくらいの長期保管に向いています。

 

 

Cオンラインウォレット
オススメ度★★★★☆

 

正しく使えば、ある程度は強固で、送受金や管理には便利です。
オンラインウォレットというのは、その名の通りインターネット上のウォレットです。
様々な企業がサービスを提供しています。

 

先ほどの例で挙げたコインチェックの「ウォレット」というのも、実はこのオンラインウォレットです。

 

 

 

 

コインチェック社が提供している無料のウォレットということになります。

 

取引所に登録するということはすなわち、自動でオンラインウォレットのアカウントを登録したということになります。

 

 

オンラインウォレットの最大の特徴は、

 

ただ送受金するためのお財布としてのウォレットとして使えるだけでなく、

 

そのまますぐ、販売所で売買したり取引所で運用したりすることに利用できるという点です。

 

よって、「売買して稼ぎたい!」という人は迷わず取引所が提供しているオンラインウォレットを使用するしかありません。

 

 

先ほど、取引所のウォレットに置きっぱなしは危険と言いましたが、
正しく保管すれば、ある程度は安全です。

 

ちなみに、オススメ度★5はありません。
分散させて保管することがベストです。

 

オンラインウォレットで正しく保管するには

 

まず、(1)パスワードを複雑にします。
他人に推測されやすいパスワードや、他のサービスと併用しているパスワードではダメです。
秘密鍵バレたらすぐにコインが盗まれます。

 

次に、(2)二段階認証システムを導入します。
これは、ログイン時にもう一段階セキュリティが厳しくなる設定です。

 

「Google Authenticator」などのアプリを利用します。無料で設定できます。

 

二段階認証システムは、必須です。
「やっておいた方が良い」というレベルではありません。
必須です。
これをやらない場合、オススメ度は☆0です。
盗難は頻繁に起こっています。

 

 

二段階認証システムまで導入して初めて、コインチェックさんでは盗難保障対象となります。

 

これをやらない場合、ある日突然すっからかんになっていても、自己責任です。

 

このことを守れば、オンラインウォレットは使いやすいウォレットです。
スマホアプリも見やすいです。
私はこれを使ってます。
コインチェックのウォレットやビットフライヤーのウォレットは特に見やすいです。

 

ただし、スマホ版はあくまで送受金メインのお財布としてのウォレットに過ぎないというところがまだ多いです。
取引所で売買したいならweb版を利用するか、スマホのインターネットからzaifを利用すると良いです。
(zaifのアプリはただのウォレットなので、取引所は利用できません。)

(ちなみにコインチェックはスマホだとどうやっても取引所にはアクセスできません。(2017年11月現在))
(外出先でスマホで取引所を利用したい場合は、「コイン相場」などの外部アプリを利用するという手があります。)

 

送受金のやり方

それでは、ウォレットで送受金を行う方法を見ていきましょう。

 

 

復習になりますが、ウォレットには「秘密鍵(パブリックキー)」「公開鍵(プライベートキー)」という概念があります。

 

ウォレットを作ると、自動でその2つが生成されます。

 

「秘密鍵」は、ウォレットから出金するための鍵。
「公開鍵」は、ウォレットへ入金する鍵です。

 


↑公開鍵のサンプル

 

 

 

「公開鍵」は、口座番号のようなものです。他人に教えれば、送金してもらうことが可能です。

 

一方「秘密鍵」は、通帳と印鑑と暗証番号のようなものです。絶対に他人に見せてはいけません。誰かに送金するときはこの秘密鍵を使います。
秘密鍵は、自分のお財布をパカっと開けるためのキーだと思ってください。

 

 

 

「鍵」は、30数桁の英数字かQRコードで表されます。

↑公開鍵の例

 

 

ウォレットからお金を取り出すとき、お金をどこかに送るときは、「秘密鍵」を使います。
ちなみに、コインチェック(などの取引所)でウォレットにログインしている場合は、表示されてないだけでその時点で「秘密鍵」を使用している状態です。

 

なぜならいつでも送金できる状態だからです。

 

(盗み見盗難防止のため、秘密鍵のコードは表示できない取引所が多いです。)

 

 

秘密鍵で自分のウォレットを操作しているとき、もしくは取引所のアカウントにログインしてウォレットを操作しているときに、

 

「送金」というところから送りたい宛先の公開鍵を入力すれば、簡単に送金できます。

 

 

手動入力は大変なので、コピペするかQRコード読み取りを利用しましょう。

 

 

たとえば、自分のコインチェックのウォレットからザイフのウォレットに移し替えるなんてことも簡単です。

 

公開しておけば、いつでもどこでも誰からでも受金することが可能です。

 

路上歌手が、公開鍵をプリントしたパネルを提示してパフォーマンスをしている光景もニュースで見たことがあります。
そんなことも可能になります。

 

 

「秘密鍵」を使って自分のウォレットに入り、

 

「公開鍵」を入力して別のウォレットに送るのです。

 

コインチェックやザイフなどの取引所を使う場合は、ログインパスワードが秘密鍵代わりなので秘密鍵を意識することはないでしょう。

 

 

 

 

送金手数料について

 

送金手数料は、自分で設定できます。

 

送受金の台帳記録は、ブロックに記憶されます。
ブロックチェーンは、マイナーが作成しているのでしたね。

 

送金手数料は、マイナーに支払われる対価です。
マイナーはどの取引を優先してブロックに書くか選べます。

 

ですから、手数料が高いとすぐにブロックに書き込まれるためものの数分で送金完了となります。
目安は、0.0005BTCです。
日本円にして300円でしょうか。
これなら次のブロックに書き込まれるでしょうから10分以内に取引が成立します。

 

かつては0円でもOKでしたからかなり値上がりしました。

 

それでも世界のどこにいくら送っても300円と考えると格安です。

 

(記事を書いているうちにBTCが高騰し、500円くらいになりました。)

 

0.0002BTCでも、遅くても数時間でブロックに書き込まれます。
0.0001BTCだと数日後になる可能性があります。
0BTCにすると何年後になるか不明なのでやめましょう。(おそらくウォレットの仕様でできません)

 

 

 

以上が、ウォレットの使い方です。

注意事項ですが、取引所が提供しているスマホのオンラインウォレットは、あくまでお財布としてのウォレットという面が強いです。

 

そこに入っているからといって、スマホで取引所(ユーザー売買)にアクセスできるとは限りません。
私もこれを勘違いしていて、二度手間の入金をしてしまい、二重に手数料を払う羽目になってしまったことがあります。

お疲れ様でした

ここまでお読みいただき、ありがとうございまいした。

 

「仮想通貨とは何か」
「どこでどうやって買うか」
「保管方法や使い方」

 

がお分かりいただけたと思います。

 

基本的な内容には一通り触れましたので、もしこのあと詳しい専門知識が知りたくなったとしても、ご自身で検索して調べられると思います。

 

(ハードフォークとは など)

 

それでは最後に税金など、関連する重要事項を説明します。
>>F税金などの重要事項を読む。